薄毛は本当に治るのか?その方法と回復までの期間とは?

 

薄毛(男性型脱毛症)は本当に治るのでしょうか?治るとしたらどんな方法なのでしょうか?そして、回復期間はいったいどれくらいかかるのでしょうか?

 

そんな疑問について実体験に基づいた話をしたいと思います。

 

薄毛は本当に治るのか?

 

結論から申し上げますと、薄毛(男性型脱毛症AGA)のほとんどは治ります。

 

薄毛に関して知識が浅かった頃の私は、薄毛が本当に改善する訳が無い!と心の中で思っていました。

 

だから、いろいろな薄毛改善の方法をネット上で知っても疑心暗鬼で、なかなか実践に移せなかったことも多々あります。

 

しかし、正しい治療法を行えば、薄毛(AGA)のほとんどは治るのです。

 

薄毛を本当に治す方法とは?

 

多くの薄毛に悩む皆さんも同様の方は多いと思いますが、最初に薄毛改善の為に使用するのが「育毛剤」だと思います。

 

ドラッグストアや薬局でいろいろな育毛剤が販売されています。

 

しかしながら、ほとんどの育毛剤は薄毛改善の効果は期待できません。

 

私も多くの育毛剤を使用してきましたが、育毛剤で効果があったのはゼロでした。

 

市販されている育毛剤のほとんどは「医薬部外品」であり、有効成分はセンブリエキスなどの生薬による血行改善を目的にしたものが主流です。

 

そもそも「医薬部外品」ですので、「医薬品」と異なり、薄毛状態になっている頭皮をフサフサにすることは分類上期待できないのです。
薄毛を本当に治すなら、医薬品を使用する必要があります。

 

医薬品で一番有名なのが「リアップ」です。他にも「スカルプDミノキ5」、「リグロEX5」などが販売されています。

 

ところで、医薬品であるリアップなら薄毛が本当に治るのでしょうか?

 

残念ながら、リアップ外用(ミノキシジル5%製剤)が髪の毛をフサフサ状態に回復させる期待可能性は10%くらいしかありません。

 

>>リアップ(ミノキシジル5%製剤)の長期投与試験結果について<<

 

それでは、薄毛を高確率で治したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

薄毛を本当に治したい方にオススメなのがミノキシジル内服とフィナステリドまたはデュタステリド内服薬の組み合わせです。

 

ミノキシジル内服は外用の場合と異なり、体内に速やかに吸収され毛根の血流促進を増価させ、発毛を促進させる効果が期待できます。

 

フィナステリドおよびデュタステリド内服はジヒドロテストステロンという薄毛を促進させる悪玉男性ホルモンの生成を抑制する作用があります。

 

私自身も「ミノキシジル内服」+「フィナステリド内服」の服用で薄毛がかなり改善したのです。

 

薄毛が治る期間はどのくらい?

 

それでは、薄毛が治る期間はいったいどれくらい要するのでしょうか?

 

私の場合、ミノタブ+フィナステリド内服で治療を開始して目に見えて改善を感じたのは、治療開始から3ヶ月ちょっと経過した頃でしょうか?

 

治療の経緯は薄毛AGA治療報告日記で定期的に公表していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

★この記事を書いている人★
【ゆきお:会社員50歳男性】


今まで様々な育毛剤を使用してきましたが効果はゼロ!
一時は育毛を諦めて薄毛隠しに専念した時期もありましたが、現在はフィナステリド錠とミノキシジル錠で薄毛改善挑戦中です。
日々の経過は薄毛治療報告にアップしていますので是非ご覧ください。
「ゆきお」の自己紹介はこちらに詳しく載せてます。