薄毛(AGA)にお薦めのミネラルとは?

 

薄毛(AGA)の治療には何と言っても毛包をミニチュア化させ、発毛サイクルを乱れさせ、抜け毛を増やしてしまう「ジヒドロテストステロン」の生成を抑えることが重要です。

 

しかしながら、ジヒドロテストステロンの生成を抑えれば発毛環境が万全と言えない人も多いのではないでしょうか?

 

特に独身男性の方は、食事のバランスも乱れがちなので、発毛に重要なミネラル不足も否めません。

 

それでは、数あるミネラルの中で、特に発毛に深くかかわっているものはどれなのでしょうか?

 

それを紹介しようと思います。

 

薄毛(AGA)に大切なミネラルは?

 

ミネラルの中で薄毛(AGA)を改善し、発毛・育毛に役立つものと言えば「亜鉛」が一番に挙げられます。

 

亜鉛は細胞分裂に関与するミネラルですので、爪や髪の毛が伸びる際に大きく関わってくるミネラルです。

 

私が以前、薬剤師に聞いた話では、亜鉛は細胞が分裂する際にハサミの働きをするそうなのです。

 

つまり、ひとつの細胞が複数に分裂する(増える)際に亜鉛が細胞と細胞の間をチョッキン!と切ることで細胞分裂が速やかに行われるようなのです。

 

このような理由により、亜鉛不足になると傷の治りが遅くなったり、髪の毛の伸びが抑制されたりするのです。

 

亜鉛はいろいろな食品に含まれていますが、他のミネラル同様に体内への吸収率が悪いので、サプリメントなどにより摂取すると効率的です。

 

亜鉛サプリは多く販売されていますが、私は下記のDHCの亜鉛を服用しています。

 

一ヶ月分で288円なので非常にお得ですし、お薦めです!

 


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

★この記事を書いている人★
【ゆきお:会社員50歳男性】


今まで様々な育毛剤を使用してきましたが効果はゼロ!
一時は育毛を諦めて薄毛隠しに専念した時期もありましたが、現在はフィナステリド錠とミノキシジル錠で薄毛改善挑戦中です。
日々の経過は薄毛治療報告にアップしていますので是非ご覧ください。
「ゆきお」の自己紹介はこちらに詳しく載せてます。