薄毛(AGA)のメカニズムとは?どのようにして発症するの?

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaを略したものであり「男性型脱毛症」という意味です。

 

男性に見られる髪が薄くなっていく症状を言います。日本人成人男性の約3人に一人が男性型脱毛症になると言われています。

 

発症は早い人で10代から見られ、髪の生え際や頭頂部の両方、または一方から髪の毛が薄くなっていきます。

 

AGA(エージーエー)の原因として考えらえるのがDHT(ジヒドロテストステロン)です。

 

テストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素が作用することでDHT(ジヒドロテストステロン)が誕生します。

 

AGA(エージーエー)の脱毛部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度に見られます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)によりヘアサイクルが著しく阻害され、髪の毛が十分に太く長く成長する前に抜けてしまう原因になっているのです。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)が増えてくると髪の毛が細く柔らかくなり、毛髪が抜けやすくなり薄毛を進行させるのです。

 

さらに、AGA(エージーエー)は年々進行していくので、早めの処置が大切です。

 

なお、AGA(エージーエー)により薄毛がかなり進行している場合でも、毛包が残っていれば、薬の投与などにより髪は長く太く回復する可能性があります。

 

しかし、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を長く受けることにより毛包のミニチュア化が進み、回復が遅くなる場合もあるので、なるべく早い治療が大切になります。

 

ですから、AGA(エージーエー)の治療は、毛包が残っているうちに早めに行うことが非常に重要なのです。

 

毛包(もうほう、英語: hair follicle)は、毛を産生する哺乳類の皮膚付属器官である。 毛の産生には幹細胞が関与している。

毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴(けあな)と呼ばれている。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/毛包

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

★この記事を書いている人★
【ゆきお:会社員50歳男性】


今まで様々な育毛剤を使用してきましたが効果はゼロ!
一時は育毛を諦めて薄毛隠しに専念した時期もありましたが、現在はフィナステリド錠とミノキシジル錠で薄毛改善挑戦中です。
日々の経過は薄毛治療報告にアップしていますので是非ご覧ください。
「ゆきお」の自己紹介はこちらに詳しく載せてます。